記事一覧

キャッシュフロー

担保に頼らない融資判断の有力な分析ツール

企業は、赤字決算であってもそれだけでは潰れない。逆に、黒字決算であってもカネが回らなければ倒産する。つまり黒字倒産である。最近の企業経営審査のベンチマークとしては、利益よりもキャッシュフローが重視される傾向が強いが、それは、企業の経済活動が複雑化、重層化、国際化するにつれて、たとえ利益が計上されていても、それに相応するキャッシュ(現金やそれと同視できる随時換金可能な預金や有価証券等)の保有量が伴わないケースが増加してきたことにも起因する。粉飾決算は論外として、会計上の処理が正当であっても利益計上時期と現金収受時期がずれることにより、利益とキャッシュ量の乖離が大きくなることも多い。

企業の会計処理にはいくつかの方法が認められており、そのいずれを採用するかは企業の裁量であるから、「利益は経営者の意見である」といわれるが、CFにはそのような裁量の余地はなく、その意味で「CFは事実である」といえる。ここにCF分析が重視される理由があり、CFすなわち現金の流出入状況を正しく把握することは、いまや企業の財務分析上のメインテーマとなっている。CFは、本来の事業活動から生ずる「営業CF」、設備等への投資活動に係る「投資CF」、資金調達や返済に係る「財務CF」の三つに区分して計算される。営業CFと投資CFを合わせた「フリーCF」は企業が自由に使える資金の量を表しているが、成長途上にある企業では投資活動が活発な結果、フリーCFがマイナスになることも多く、その場合の資金不足部分は財務CFで補填される。

つまり、資金需要の旺盛な企業ということになる。「企業をCF中心に診る」ことは、担保に頼らない融資発掘のための有用な手段である。CF分析により企業の将来のCF状況を予測できれば、融資の安全性はそれだけ確保される。特に中小企業については、企業単体のCFに加えて経営者個人との資金のやりとりを勘案した総合的なCFにより、企業の経営体力を判断する必要がある。この点は金融検査マニュアルにおいても強調されているところである。スコアリング方式の小口融資などは、CF分析の切口からその適否を判定すべきであろう。